Backlogの更新をSlackで通知する設定を入れてみた

Backlogの更新をSlackで通知する設定を入れてみた

とらくらのインフラエンジニア、たむです。
Backlogの変更等通知をメールでの通知に設定しているところも多いかと思いますが、Slackへの通知設定が可能となっています。社外向けはメール、社内向けはSlackでやり取りしている人には、BacklogのSlackへの通知の方がまとまりが良いと思います。そこで、私がBacklogの更新をSlackで通知する設定を入れてみたときの手順を以下記載します。

設定条件

  • プロジェクト毎に設定する必要アリ
  • Slackのプライベートチャンネルは設定不可

設定手順

  1. 対象プロジェクト→プロジェクト設定→インテグレーション→Slack「設定」をクリックしますBacklog_インテグレーション設定画面
  2. 「Slackインテグレーションを追加する」をクリックしますBacklog_インテグレーション_Slack設定
  3. Slackのワークスペース追加するため「ワークスペースを追加」をクリックしますBacklog_Slack_ワークスペース設定
  4. 対象のワークスペースであることを確認し「許可する」をクリックしますBacklog_Slack_ワークスペース許可
  5. 「ワークスペース」欄でSlackのワークスペースを選択します
  6. 「チャンネルまたはダイレクトメッセージ」欄でSlackのチャンネルまたはダイレクトメッセージを選択します
  7. 「言語」欄で日本語を選択します
  8. 「説明」欄で説明を記載します
  9. 「通知するイベント」にて、通知するイベント内容をチェック選択します
  10. 「Slackインテグレーションを追加する」をクリックし追加しますBacklog_Slack設定
  11. 設定が追加されたことを確認しますBacklog_Slack設定一覧通知するイベントを「すべて」に設定した場合は、以下のSlack通知の内容(例)が届きます
    Backlog_Slack通知内容

参考サイト

BacklogのSlack連携

最短でAWSを習得したい方におすすめ!
オンラインスクール「とらくら」

当ブログを運営しているオンラインスクール「とらくら」では、AWSを扱うために必要不可欠な主要サービスの知識を、理論学習だけでなく、環境構築をハンズオン形式で実践できるカリキュラムを行なっております。

随時、個別の無料説明会を開催しており、講座内容や料金、本講座を受講するメリット・デメリットについてはもちろん、業界に精通しているからこそできるエンジニアのキャリアプランや業界の情勢などを、ざっくばらんにお話します。

些細なことでも、お気軽にご相談ください。



インフラ構築コース、受講生募集中!AWS WordPress環境構築コース、受講生募集中!

投稿者プロフィール

たむ
たむ
<インフラエンジニア>
■ こんにちは!こんばんわ!「たむ」と申します。製造業からITへ転職し、インフラ、主にサーバ関連をやってきました。IT関連の学校を卒業していませんが、なんとか、サーバ技術者やってます。あっはぃ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です