ワンストップで完結!楽々サーバ構築

「とらくら」講義の内容について
クラウド初心者目線で「これは!」と
思ったところに焦点をあててみます。

仮想サーバ構築

「とらくら」インフラ構築コースの
第6回、WordPress環境構築コース 第5回
「EC2の作成」、では
実際に手を動かして(ハンズオン)
インスタンスの構築を行います。

EC2 とは

Elastic Compute Cloud の略。
AWSが提供する仮想サーバ構築サービスのこと。

※ Elastic =「弾性のある、伸縮可能な」という意味。

略称はECCとなりそうですが、
AWS界?では頭文字に同じ
アルファベットが繰り返される場合
数字に置き換えることが多いようです。

例えば、他にAWSの代表的な
サービスである「S3」がありますが、
これは「Simple Storage Service」の略です。

インスタンスとは

IT 用語としてよく目にする言葉で、
日本語訳としては「実体」なんて言葉が
充てられることがあるようですが、
EC2 においてはグラウド空間に設置される
仮想的なサーバと考えることができます。

全てはコンソールで

オンプレミスでのサーバ構築に
限定して想定される作業を
ざっくり挙げてみますと、

  • 機器の開梱
  • ラックに収納
  • 電源、ネットワークケーブルを接続
  • OS インストール
  • 初期設定諸々

と結構なタスクが存在し、
当然ながらそれに費やす工数も
かなりのものになります。

ワンストップで楽々

講座の中で実際に手を動かし、
仮想サーバを立ち上げてみました。

先程の工程をEC2サービス上で実行すると
物理的作業からは完全に開放され、
コンソールからの操作のみで
完結してしまいます。

作業時間もはどんなに多く見積もっても
1 時間とかからないでしょう。

しかも、ネット環境のあるところなら
どこでも作業可能。
この暑い中データセンターに出向いて、、、
なんてこととも無縁です。

これはオンプレミス経験者からすると
「やばい(良い意味で)」レベルかと

人的リソースの有効活用も

以上のように、
担当者の作業時間は大幅に軽減しますし、
物理的移動も伴わないため
その分の時間も含めれば
得られる利益は大きなものになります。

さらに経営者目線で言うと、
その分の人的リソースを
他に回すことが可能になる
ということなります。

これはクラウド導入の大きな理由に
なるのではいでしょうか。

と一作業者レベルでも
分かるほどクラウドには
大きな可能性があるということですね。

最短でAWSを習得したい方におすすめ!
オンラインスクール「とらくら」

当ブログを運営しているオンラインスクール「とらくら」では、
AWSを扱うために必要なAWSの主要サービスの知識を
理論だけでなく、環境構築をハンズオン形式で実践しながら学べる
カリキュラムをご用意しております。

参考書だけではイメージがしにくい内容でも、
「座学+実践」で効率良くインプットが可能です!

まずはお気軽に無料説明会にご参加ください。


投稿者プロフィール

kazu
kazu
<インフラエンジニア>
■ 以前、運用・保守系業務に携わるもしばらく別畑の仕事に。約8年ぶりに復活。クラウドに関しては初心者。AWS エンジニア目指して奮闘中!
■ 趣味はスキー(インストラクター経験あり)、クルマ(特にスバル車)、ロードバイク、登山とブログ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です