EBSボリュームを作成する際のポイント

この記事でわかる事

  • EBSとは?
  • EBSのボリュームタイプ
  • EBSボリュームを作成する際のポイント

EBSとは?

  • Elastic Bolume Storage の略
  • 永続的なブロックストレージボリュームで、EC2インスタンスと組み合わせて使用
  • OSの起動ディスクやデータ保存領域として利用可能
  • PCや物理サーバ、仮想サーバのディスクと同等
  • EC2インスタンスとは別料金
  • タイプにより速度や料金が選択可能

EBSのボリュームタイプ

EBSのボリュームタイプ

EBSボリュームを作成する際のポイント

ポイント1

EC2インスタンスが起動中の場合でも、EBSボリュームのアタッチは可能です

ポイント2

起動中のEC2インスタンス内でディスク関連の作業が完全に止まっている場合(ディスククリーンアップ中等)には、EBSボリュームをアタッチしても正しく認識されないことがあります

ポイント3

別のAZ内のEC2インスタンスに対して、EBSボリュームをアタッチすることはできません

ポイント4

単体のEBSを複数のEC2インスタンスで共有することはできません

まとめ

  • EC2インスタンス起動中でもアタッチ可能
  • ディスク関連の作業中(ディスククリーンアップ中等)でのアタッチは、正しく認識されない可能性がある
  • 別AZ内のEC2インスタンスへはアタッチ不可。サブネットの配置には注意が必要です
  • 一つのEBSを複数のEC2インスタンスで共有不可

※EC2では複数台にアタッチ可能ですが、基本的にはOSが対応していない為NG

 

今回はEBSのサービスの中でも、ボリュームを作成する際のポイントに焦点を当ててご紹介しました。

参考にさせて頂いたサイト

 

投稿者プロフィール

わんちゃん
わんちゃん
<インフラエンジニア>
■ AWSエンジニア目指して猛勉強中!
■ 実務や試験学習(.ComMaster、基本情報技術者試験)を通してスキルUPを図っています!
■ AWSサービスのみにフォーカスせず、AWSを利用するために必要となるネットワークやサーバーの知識などについても積極的にブログでの情報発信を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です