【業界経験者】サンプル問題+日々の業務でAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト(SAA-C02)合格しました

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイトとは

とらくらのインフラエンジニア、はたけです。
AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト試験(通称SAA-C02)とは可用性、コスト効率化、高耐障害性、スケーラブルな分散システムの設計に関する 1 年以上の実務経験を持つ方を対象とする試験です。

AWS認定の中でも中級に位置しており、130 分で65問(採点対象外15問含む)で約70%で合格となります。
はじめに試験ガイドを読むことをお勧めします。
概要を理解しておくことで問題を解く上で考える範囲が限定され解きやすくなると思います。

AWS公式ページ
AWS Certified Solutions Architect – Associate | (SAA-C02) 試験ガイド

学習前のレベル

筆者はユーザー企業の情報システム部門に15年間在籍しており、オンプレミス環境でインフラエンジニアをしており、AWS経験は1年程度です。
AWS経験1年程度からクラウドプラクティショナーを合格後しており、そこからの差はAWS実務をする時間が3か月ほど増えております。

試験結果

合格ラインは720点ですが、得点は724/1000点でギリギリ合格でした。
セクション毎の詳細については”分野 1: レジリエントアーキテクチャの設計”以外がで改善が必要と表示されました。

勉強時間

業務が忙しくほぼ勉強する時間は取れませんでしたが、模擬問題で10時間ぐらいだったと思います。

勉強方法

  1. 公式模擬試験
    • 試験問題サンプル
      公式が提供しているサンプル問題です。全部で10問あり、簡単な解説が記載されてます。
      意外なことに翻訳がおかしいところがありますが、翻訳がおかしくても正解の場合があります。
      本番を想定できるので効果があったと思います。
      AWS Certified Solutions Architect – Associate | 試験問題サンプル
    • 公式模擬試験(有料)
      AWS認定試験のサイトから申し込みができます。全部で25問あり解説は無くてスコアが表示されるだけだったと思います。(覚えてない)
      その際のスコアは50~60%ぐらいでした。解説がないので私には効果が薄かったと思います。
      私はバウチャーコードを持っていたので無料になりましたが、実際は2000円+税です。
    • 模擬試験(無料)
      2021年に無料で模擬試験を受けることが出来るようになりました!全部で20問あり解説が記載されてます。
      公式模擬試験とは違う方法ではありますが、一番、効果があったと思います。
      AWS Skill Builder
  2. 有識者主催の勉強会
    • プロフェッショナル勉強会
      アソシエイトではありませんが、社外のプロフェッショナル勉強会があった為、参加しておりました。
      難易度は高いのですが有識者からの解説でWell-Architected フレームワークの考え方を学べました。
    • 有識者の解説
      実際に有識者が解説している内容を聞くことがWell-Architected フレームワークを理解する近道だと思います。
      サーバーワークス社の動画がよかったので、参考にしてみてください。
      参考動画:Youtube
  3. AWS情報収集
    • 週刊AWS読み合わせ
      毎週、AWSリリース情報を公開しているサイトがあります。
      社内でも毎週、内容を読み合わせしていますが、知らないサービスや知ってるサービス内容の変更などあるので、
      毎週見ることでサービス内容の理解が付きました。
      週刊AWS

所感

仕事が忙しくズルズルと行きそうだったので、受験日を決めました。
受験日近くになっても勉強する時間が取れなかったので、試験日のリスケジュールを2回実施したら、3回目が出来なく泣く泣く受験しました(笑)
延期が出来ず、やる気が出た感じですが、それでもサンプル問題ぐらいしか勉強出来なかった状態ですね。。。
その為、割り切って、まずは自分の実力を見る為に受験したところ、たまたま合格した感じでした。
もちろん、不合格だとしても得意なところ、不得意なところが把握できるので2回目の合格率は上がると思いました!

どの試験でも言えることですが「なぜ受けるのか?」「合格したらどうなるのか?」の動機作りが大事ですね。
動機が出来たら「いつまでに」「どうやって」のプロセスを考えると思いますが、失敗を恐れずにトライ・アンド・エラーすることが達成までの近道だと考えてます。

今回、QCDの概念で言えばDelivery(納期)を優先しました。クラウドはオンプレと違ってDelivery(納期)が最大の武器です。
もちろん、優先するのは人それぞれですので、自分にあった優先順位で進めてください。

まとめ

ソリューションアーキテクト-アソシエイトはAWS認定資格の中級レベルである為、Well-Architected フレームワークの考え方を理解しておく必要があります。
実務をしなくても合格することは可能ですので、まずは受験日を決めることをお勧めします。

 最短でAWSを習得したい方におすすめ!
オンラインスクール「とらくら」

当ブログを運営しているオンラインスクール「とらくら」では、AWSの認定資格を取得するためには必要不可欠なAWSの主要サービスの知識を理論学習だけでなく、環境構築をハンズオン形式で実践できるカリキュラムとなっております。

参考書や模擬試験対策だけでは中々イメージができない内容でも「座学+実践」で効率良くインプットすることが可能です。

先ずはお気軽に無料説明会にご参加ください。


インフラ構築コース、受講生募集中!AWS WordPress環境構築コース、受講生募集中!

 

 

 

 

投稿者プロフィール

はたけ
はたけ
<インフラエンジニア>
■ ユーザー企業の情報システム部門に15年間在籍し、パソコン、サーバー、ネットワーク構築・運用経験。
■ 15年間オンプレミス環境に触れてきたが、AWSやAzureなどのクラウドに触れたことでクラウドエンジニアに転向する。
■ 最近のマイブームは運気があがる天然石を集めること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です