AWS EC2シリアルコンソール設定

EC2インスタンスへのシリアルコンソール設定

EC2インスタンスへの接続方法に以下がありますが、今回はその中のシリアルコンソール接続するための設定を記載します。

  • Amazon Linux
    • EC2 Instance Connect
    • セッションマネージャー
    • SSHクライアント
    • EC2シリアルコンソール
  • Windows
    • セッションマネージャー
    • RDPクライアント
    • EC2シリアルコンソール

シリアルコンソール前提条件

シリアルコンソールを設定使用するには以下の条件があり、リージョン制限とインスタンス制限があります。

  • 使用可能リージョン

米国東部 (バージニア北部)
米国西部 (オレゴン)
米国東部 (オハイオ)
欧州 (アイルランド)
欧州 (フランクフルト)
アジアパシフィック (東京)
アジアパシフィック (シドニー)
アジアパシフィック (シンガポール)
※2021/4/2時点

  • サポートされるインスタンスファミリー

A1
C5、C5a、C5ad、C5d、C5n、C6g、C6gd
M5、M5a、M5ad、M5d、M5dn、M5n、M5zn、M6g、M6gd
R5、R5a、R5ad、R5d、R5dn、R5n、R6、R6gd
T3、T3a、T4g
Z1d
※AWS Nitro System をベースとする EC2 インスタンスで利用可能

シリアルコンソールの設定

以下の設定を実施すると接続可能になります。

  • ログインユーザーへパスワード設定をする
  • 緊急管理サービス「EMS」(Windowsのみ)
  • EC2 シリアルコンソールのアクセスの許可設定

EC2インスタンス「Amazon Linux」への設定手順

  1. EC2インスタンスへSSHでログインしユーザーに「passwd」コマンドでパスワード設定をするLinux password settings
  2. EC2ダッシュボードの右側にある「アカウント属性」の「EC シリアルコンソール」をクリックするEC2ダッシュボード アカウント属性
  3. 「EC2シリアルコンソールのアクセス」の「許可」にチェックを入れ「更新」をクリックシリアルコンソール許可設定
  4. EC2インスタンス画面より「接続」をクリック
  5. 「EC2シリアルコンソール」タグをクリックし接続をクリックシリアルコンソール接続 Linux
  6. パスワード設定したユーザーでログインするシリアルコンソール画面 Linux

EC2インスタンス「Windows」への設定手順

  1. EC2インスタンスへログインしEMS設定をし再起動するEMS設定
  2. EC2ダッシュボードの右側にある「アカウント属性」の「EC シリアルコンソール」をクリックするEC2ダッシュボード アカウント属性
  3. 「EC2シリアルコンソールのアクセス」の「許可」にチェックを入れ「更新」をクリックシリアルコンソール許可設定
  4. EC2インスタンス画面より「接続」をクリック
  5. 「EC2シリアルコンソール」タグをクリックし接続をクリック シリアルコンソール接続 Windows
  6. コンソール画面左上に「SAC>」と表示されていることを確認するシリアルコンソール画面 windowsシリアルコンソール画面 windows help結果

シリアルコンソール接続画面で「接続」ボタンがグレーアウトの場合

シリアルコンソールの許可設定をしていない場合は以下の画面が表示されるため「Manage access」をクリックし許可設定を実施するsirialconsole coment

 

次回は、EC2インスタンスの接続方法の「セッションマネージャー設定」を記載予定です。

投稿者プロフィール

たむ
たむ
<インフラエンジニア>
■ こんにちは!こんばんわ!「たむ」と申します。製造業からITへ転職し、インフラ、主にサーバ関連をやってきました。IT関連の学校を卒業していませんが、なんとか、サーバ技術者やってます。あっはぃ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です