RaspberryPiへOSインストール(Raspbian)

RaspberryPiへRaspbian OSインストール

プログラミングなどの教育目的で、イギリスのラズベリーパイ財団によって開発された、ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ「RaspberryPi」(ラズベリーパイ)。
プログラミングの勉強やLinuxの勉強にも使えますが、Webサーバーやファイルサーバーなどの負荷が少ないLinuxサーバーを運用するには、特におススメです。
尚、本記事では、Linuxサーバーを構築目的とした設定手順を記載します。

RaspberryPi zero

特徴

RaspberryPiの特徴といえば、Linuxサーバの構築が安価で、省電力のため、運用も安価に行えるところです。

  • 組み合わせによって\6000以内でLinuxサーバー構築可能かも
  • 省電力

用意するもの

RaspberryPiへOSインストールするには、以下を用意してください。環境や接続方法によってはキーボードやモニターが無くてもSSH接続出来ますが、キーボードやモニターは用意した方が良いです。

  • RaspberryPi
  • MicroSDカード
    ※8GB以上必要
  • MicroUSB電源 or USB type-C電源
    ※機種によって異なります
  • ネットワークに接続するLAN線など
    機種によっては無線LAN対応のため無線LAN接続設定してるときは不要
  • WindowsPC
    インターネット接続でソフトをダウンロード出来ること
    SSH接続出来ること
    ※Winodws以外でもやり方アリ
  • キーボード マウス
  • HDMI接続出来るモニターなど
    HDMI・MiniHDMI・MicroHDMIポートと機種によって違いますので注意

OSインストール

本手順では、Linuxサーバを構築目的とするため、OSはDebian系LinuxでRaspberryPi用のOS「Raspbian」をインストールします。

  1. 以下のサイトの「Download for Windows」をクリックし「Raspberry Pi Imager」インストーラーをダウンロードします
    https://www.raspberrypi.com/software/RaspberryPi Imager download
  2. 「Raspberry Pi Imager」インストーラーをダブルクリックし、インストールしますRaspberryPi Imager installer
  3. 「Raspberry Pi Imager」インストールウィザードが実行されたら、「Install」をクリックし、インストールを実行しますRaspberryPi Imager インストールウィザード1
  4. 「Finish」をクリックし、インストールを終了します
    「Raspberry Pi Imager」が立ち上がった場合は、一度終了しますRaspberryPi Imager インストールウィザード2
  5. MicroSDカードをPCにセットします
  6. 「スタート」メニューより「Raspberry Pi Imager」を起動します
  7. 「Operating System」項目の「CHOOSE OS」をクリックしますRaspberryPi OS インストール 01
  8. 「Raspberry Pi OS (32bit)をクリックしますRaspberryPi インストール OS 選択
  9. 「Storage」項目の「CHOOSE STORAGE」をクリックしますRaspberryPi インストール OS 選択後
  10. インストールするSDカード(先ほどセットしたMicroSDカード)を選択しますRaspberryPi SDカード 選択
  11. 「WHITE」をクリックする前に「ctrl」+「Shift」+「X」を押下し「Advanced options」画面を表示します
  12. 「Enable SSH」にチェックを入れ「Use password authenciation」を選択し「pi」ユーザーのパスワードを入力します
    有線LANポートがない機種は「Configure wifi」にチェックを入れ「SSID」と「Password」を入力し「Wifi contry」を「JP」にしますRaspberryPi OSインストール SSHRaspberryPi OSインストール wifi
  13. その他に指定したい箇所を設定し「SAVE」をクリックします
  14. 「WHITE」をクリックし、OSイメージをMicroSDへ書き込みます
    「Warning」画面が表示されますので「YES」を選択し、書き込み開始しますRaspberryPi OSインストール 書き込みRaspberryPi OSインストール 書き込み警告
  15. 「Write Successful」画面が表示されたら「CONTINUE」をクリックし、終了しますRaspberryPi OSインストール 書き込み終了
  16. PCよりMicroSDを取り外し、RaspberryPiにセットします
  17. キーボードやモニターを接続し、有線LANポートがある場合はLAN線を接続し、USB電源を接続します
    USB電源を接続すると起動するため先に接続しておくこと
  18. USB電源接続後に、赤色LEDや緑色LEDが点滅もしくは点灯していることを確認します
  19. モニターにデスクトップ画面(GUI)が表示されることを確認しますraspbian デスクトップ

以上でOSインストールは完了です。

次回

次回は続きのOS初期セットアップ(SSH版)を記載します。

 

投稿者プロフィール

たむ
たむ
<インフラエンジニア>
■ こんにちは!こんばんわ!「たむ」と申します。製造業からITへ転職し、インフラ、主にサーバ関連をやってきました。IT関連の学校を卒業していませんが、なんとか、サーバ技術者やってます。あっはぃ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です